コピートラックで画像違法使用が2件解決した話と・・・

2019年5月8日

 

コピートラック
https://www.copytrack.com/ja

 

コピートラックを利用し画像の違法使用が解決した話です。
2件の例をあげますがケースバイケースだということを念頭に置いた上でお読みください。

 

1件目はエクストラライセンス未取得のままイラストをグッズ販売していた作家への質問・抗議。

相手は海外版ミンネのようなハンドメイドショップサービス「ETSY」を利用しているカナダ人の方でした。

初めは直接ETSY経由でコンタクトをとりましたがなかなか返事がなく、
やっと返事が来たと思ったら理由をつけてうやむやにされそうになりました。

大まかに詰めていった事柄は、
「どこのストックフォトサービスからイラストを購入したか?」
「グッズとして販売する場合エクストラライセンスで購入しなくてはならない」
「私の管理下では購入履歴は存在しない(購入履歴の提示請求)」

残念ながら求めている答えが返ってこなかったのでコピートラック経由で違反申請をしました。
「今のところ2点のみ賠償対象としているが、これに応じなければ残りの40数点分も請求します」
という内容。
すると効果があったのかすぐに返信があり、その後無事決着しました。

イラスト2点分の賠償金をコピートラック経由で受け取り、
残り40数点をストックイメージサービスの一つdreamstimeにてEXライセンス購入してもらいました。
正規ライセンスでのイラストグッズも順調に売れている模様です。
(えーそんなに売れてるなら自分もやろうかな)

 

 

2件目は未購入ウォーターマークが付いたままwebサイトにて使用していた国内のコンテンツ。(通常ライセンス)
「ちゃんと買ってください!」という内容をwebサイトのコンタクトフォームから直接メールを送る。
2回送信しましたが返答は無し。心苦しいですがコピートラックにて訴訟手続にはいります。

コピートラック経由とwebサイト経由両方同時に訴訟手続きに入ったことを伝えるメールを送りました。
両方からメッセージを送ったのが良かったのかやっと返事がくる。
先方曰くスパムや詐欺・何かの架空請求だったと思ったとのこと。

webサイト事業主はサイト作成を社外へ外注しており
最終的に外注先デザイナーから違反金を受け取るかたちになりました。
おそらくデザイナーは取引先から信用がガタ落ちしたと思います・・・。

▼違約金をドイツからUFJ銀行経由で受け取った時の書類

「コピートラックは詐欺サイトだから対応しなくて良い」などという発信もweb上で見かけたので
証拠として載せておきます。

正しい知識を持ってしっかりしたライセンスでの利用が当たり前になればと思いました。
・・・・・・・と、

 

問題はここから・・・

 

運良く前2件は解決しましたが、現在確認している画像違法使用がすでに7件ほどあります。

中国のアマゾンくらい大きいECサイトです・・・
しかもイラストデータを再配布販売しているという
絶対に許せない状況なので抗議を進めていきます。

PIXTAやadobestockでおなじみ作家さんのデータもありました。
私の申請が通れば違法再販・侵害者はすべての作品を取り下げると思いましたが・・・。

 

その後どうなったか・・・

主に中国の違法再販サイト7件をコピートラックに申請したところ、
非常に残念な結果が待っていました。

 

「訴訟はできない」でした。
コピートラックの担当者さま曰く、

こちらのドメイン(中国の違反再配布サイト)は第三者がコンテンツを公開できるプラットフォームです。
こちらの運営者はこのコンテンツに責任がありませんが、投稿者(違反投稿した奴)の情報も非公開です。
また投稿しているプライベートユーザーへの対応は致しかねます。
そのため本件を進めることができません。ご理解頂けますようお願い致します。

基本弊社サービスのご利用は無料であると言うことなどから、限られたリソースの中でサービスを展開しております。
第三者投稿型のプラットフォームは先述いたしましたように第三者により投稿されておりかつ投稿者に収入があるかどうかも知る由がありません。
こういった場合ケースのクローズをしております。何卒よろしくお願いいたします。

要は
不正再配布投稿した奴の連絡先がわからない。投稿した奴が実際に収益をえているかもわからない。
確実スムーズに訴訟できるケースでないと動けませんよとの事。

非常に残念です・・・!
と言うことは本腰入れて詳しい弁護士さんにでもお願いしないとダメってことでしょうか。
それはちょっと腰が重いので
せめて違法再配布掲載を削除してもらおうと、

私が正式に投稿している有料ストックサイト大手3社
・AdobeStock
・shutterStock
・PIXTA
に協力を仰いでいる最中です。(2019年2月15日現在)

動きがあったら追記します。

 

 

 


免責事項です。この記事の内容については当サイトは一切保証いたしません。利用者が当サイトやリンク先を利用したことで損害が生じても、責任は負えません。また当サイトは、情報の変更、削除などを行うことがありますので予めご了承ください。