(メモ)エディトリアル仕様イラスト投稿可能サイト

2020年7月30日

pixta
imagenavi
pond5
stockfresh
alamy
canstockphoto
crushpixel
はエディトリアル作品受付なし✖︎
———————-
adobe
shutterStock
123RF
はエディトリアル作品を受け付けて入るが審査が厳しい △(不採用だった)
———————-
DepositPhotos
DreamsTime
colourbox
はエディトリアル作品の審査基準がゆるい ○
———————-

例として
「ドナルド・トランプ大統領 似顔絵」はエディトリアル限定枠で
DepositPhotos
DreamsTime
Colourbox
のみ合格した。

———————-

目を消した「ノーフェイス」をノンエディトリアルで全サイトへアップした。

“大統領””ドナルド・トランプ”などのキーワードを消している。
結果「ノーフェイス」は全サイトOK合格した。

———————–

審査に通らなかったadobestockいわく、
「事件や事実など、実際に起こった事をデフォルメしてイラストにするならばエディトリアル作品としてOKだが、起こっていないことや意思・感情を脚色したものはNG」と解説があった。まあ普通に納得できる。
サイトによって基準があるので審査通過したところは様子見します。なにも本人をこき下ろしているわけでもない内容なので。